佐賀武雄大会以降、大会での研究発表を行っています

 自治体学会では、従来、自治に関する先端的な研究や活動を学ぶ場として、シンポジウムや多分野にわたる分科会を設定して、開催されてきましたが、会員の皆様の実践的な活動を踏まえた研究の発表や、日頃の研究成果の発表の場としていこうという趣旨から、表記の通り、第24回となる佐賀武雄大会から公募により会員の研究発表の場を設け、進めて参りました。

 佐賀武雄大会では22件の応募があり、15件について発表していただきました。また、法政大学で開催されることとなった第25回大会では13件の応募があり、全員に発表をしていただきました。

 多くの皆様の応募を期待しております。