自治体学会において、地方自治に関する研究報告や議論を通じて蓄積してきた体系的な英知を、集中講義による形のある財産として残し、次世代に引き継ぐことを目的として自治立志塾(集中講義)を開催します。

 

 自治立志塾は、これまで西尾勝先生を講師に制度論(自治・分権再考)を、大森彌先生を講師に職員論(自治体職員再論)を実施しました。どちらも自治を確立するための仕組みや担い手という行政主体あるいは行政作用についての御講義でした。 

 第3弾は自治の現場に焦点を当て、自治体学会元代表運営委員・法政大学名誉教授の岡﨑昌之先生を講師に「まちづくり実践論」の講義を実施します。

 

1 期日 平成29225()~26日(日)

2 会場 内田洋行・新川本社(東京都中央区新川)

 

    (詳細は下記をご覧ください。)

 

2月6日、続報を追加しました。
集中講義2017.2案内(続報).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 181.8 KB
集中講義2017.2案内HP用.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 156.9 KB