第11回自治体学会賞(2021年度)のお知らせ

第11回自治体学会賞は、第35回自治体学会大会on the WEB 2021(三日目の109日開催)において、学会賞委員会の国吉委員長から発表がありました。

各賞の受賞者は次の方々(敬称略)です。受賞者各位のこれまでのご努力に敬意を表しますとともに、今後の一層のご活躍を祈念いたします。

 

田村明まちづくり賞

 ○受賞者    川越町並み委員会、川越蔵の会、都市景観課など川越市

         川越商工会議所、専門家の歴代の方々

  対象活動   『川越市における地域住民、専門家、行政などの連携した、「川越町並み委員会」を中心とした約40年の継続的まちづくり』

研究論文賞

 ○受賞者    渡部 朋宏(福島県会津美里町役場)

  対象著書   『住民論 統治の対象とした住民から自治の主体としての住民へ』

(公人の友社)       

自治体学研究奨励賞

 〇受賞者    鈴木 栄之心(慶應義塾大学SFC研究所)

  対象論文   『公的介護保険制度における市町村の保険料設定行動-「介護保険財政データベース」の構築による実証分析』

(『自治体学』34-2号 2021年春号)

  

                       2021年10月16日

                          自治体学会事務局

                            学会賞委員会担当

第11回自治体学会賞の選考過程について.pdf
PDFファイル 265.4 KB

第11回 2021年度自治体学会賞の募集について

 今回で11回目となる自治体学会賞の募集要項を下記のとおり定めました。応募様式をダウンロードして関係書類を作成し、ふるって応募してください。

  「田村明まちづくり賞」は会員以外の団体、個人も対象となっておりますので、皆様の地域で、自治体の発展と地方自治に関する顕著な貢献をされたと認められるまちづくりの実績について、積極的に推薦・応募されることを期待しております。

2021年度 自治体学会賞募集要項(HP掲載用).pdf
PDFファイル 164.3 KB
2021 年度田村明まちづくり賞応募様式.docx
Microsoft Word 19.1 KB
2021年度研究論文賞応募様式.docx
Microsoft Word 19.8 KB